2009 バックパッカーデビュー
若いころ旅行していて、屋台で食事をしている親子を見て、いつかは自分もそんな旅をしてみたいと思っていました。子供があまり小さすぎても楽しめないだろうし、学校へ行くとなかなか休ませるのもどうか?と思っていたのですが、2009年の12月、長男1年生の冬にバックパッカーデビューさせました。日本という豊かな国に住んでいて、食べるものにも困らず我まま放題。物が右から左にどんどん流れていて、「ある」ということになんの疑問もなく当たり前。そんな価値観を破壊してやりたい!というか何かを感じてもらいたいと思い、手頃なタイ、最貧国の一つであるカンボジアを選びました。タイは相変わらず過ごしやすく、食べ物もおいしく快適でした。ゆうも最初は何かと戸惑ったりしていたけど、なんとなく慣れてきてサンキューぐらいは自分で言えるようになっていきました。タイからカンボジアへは陸路を抜けて行ったのですが、道路は舗装され、国境の街は賑やかで、自分が訪れた15年前よりかなり豊かになっている感じがしました。ゆうが子供たちと交流するキッカケになる秘密兵器になればと思い、サッカーボールとペンションでおまけにしているおもちゃを持って出かけたのですが、けっこう有効に遊べました。サッカーボールは大人も子供も好きらしく、けっこう絡んできます。ゆうも世界遺産なんてお構いなしに子供達とボールを蹴って遊んだり、朝起きてどこにも居ないと思ったら宿の従業員とパスの練習をしていたり、まさにサッカーは世界共通言語です。屋台では物売りの少年にボディーランゲージで鶴の折り方を教えていました。旅の最初と比べると大分逞しくなっているのを感じました。少し豊かになったとはいえ、国境にはストリートチルドレンがいて、ゆうはそれをじっと見ていましたが、どんなことを思ったのかは分かりません。でも何か感じるものがあったのは事実だと思います。いずれ大人になるにつれ、物事を頭の中で整理して考えていくようになるのだろうけど、時間が許せば、何か五感に響く刺激を与えられるような旅を、親離れする前に経験させてやりたいと思っています。

ゲストハウスの集まるカオサンロード。
オカマに抱きつかれたり、
ゆうも災難です。

もう少しでカンボジア入国。
一人前のバックパッカー
っぽくなってきました。

アンコールの朝。
ちょい寒かったです。

遺跡なんて興味なし。
サッカーに夢中です。

草の根外交です。
もちもちの木? | 宿の案内 | お食事 | もちもちで遊ぶ! | HP特典&予約 | お得&イベント情報 | もちもちブログ | 那須のアウトドア体験 | 那須で遊ぶ! | 貧乏旅行 | 役立つリンク集 | アクセス | お問い合わせ | トップ |
ペンション もちもちの木
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本213-1936
TEL 0287-(78)-1882 FAX 0287-(69)-6039
お問合せはこちら
Powered by Homepe.net